鑑賞映画紹介(読書記録も含む)

ゴッドファーザーPARTⅡ/フランシス・F・コッポラ
グロリア/ジョン・カサヴェテス
ファニーゲーム/ミヒャエル・ハネケ
チェイサー/ナ・ホンジン
母なる証明/ポン・ジュノ
殺人の追憶/ポン・ジュノ
SE7EN/デビッド・フィンチャー
ノーカントリー/コーエン兄弟
オールド・ボーイ/パク・チャヌク
羊たちの沈黙/ジョナサン・デミ
女と男のいる舗道/ジャン=リュック・ゴダール
小さな兵隊/ジャン=リュック・ゴダール
10ミニッツ・オールダー
軽蔑/ジャン=リュック・ゴダール
タクシー・ドライバー/スコセッシ
インセプション/クリストファー・ノーラン
セルピコ/シドニー・ルメット
ゆれる/西川美和
死刑台のエレベーター/ルイ・マル
鬼火/ルイ・マル
ロリータ/
勝手にしやがれ/ゴダール
気狂いピエロ/ゴダール
カサブランカ/マイケル・カーティス
紳士協定/エリア・カザン
ベティ・ブルー/ジャン=ジャック・ベネックス
切腹/小林正樹

⚫︎ベティ ブルーについて

ベティブルーならピアノのシーンが矢張り一番美しい。

女の方が少しだけ早く走り過ぎた。ただ、それだけ。
男に追いついた女はその後途方にくれてしまった。たった、それだけ。
それにお互い気づいていた。
そして最後にはまた男が追いつく。
でも、そうするには女を殺すしかなかった。

少しだけ女の方が早く走り過ぎただけ。

歩幅が違うから恋をする。
一緒なら恋愛関係にもなりはしなかった。

歩く、あるいは走るスピードって恋において大事で、めちゃくちゃ足が遅くてもめちゃくちゃ早く感じることがある。
そういうものなの、恋の始まりってのは。
その世界には、みんなが言う、速さって意味のスピードなんてものは存在しない。

わたしは芸術というものは芸術だけの中にぬくぬくとしていては衰えて死んでしまう、と考えるものであり、この点でわたしは、世間のいうような芸術至上主義者ではない。芸術はつねに芸術外のものにおびやかされ鼓舞されていなければ、たちまち枯渇してしまうのだ。          三島由紀夫/「葉隠入門」